ラクトフェリンは食品から摂取はできないでしょうか?

ラクトフェリンは哺乳類の乳(牛乳、母乳)などに含まれている成分です。
特にラクトフェリンが多く含まれている食品が母乳と言われていて、赤ちゃんの成長には助ける大切な成分として注目されています。

妊婦さんが出産して3日間は特に母乳にラクトフェリンが多く含まれていて、赤ちゃんの健康を維持するためにもラクトフェリンは助ける大切な成分なのです。

最近では母乳が出ないお母さんのために、ラクトフェリンが多く含まれている粉ミルクも販売されて人気があります。
この粉ミルクは、母乳を飲ませたくても母乳が出ないお母さんのために開発されたもので、ラクトフェリンの他にも赤ちゃんの発育にとても大切な成分も含まれています。

しかし母乳は赤ちゃんしか飲めないので、成人の私たちがラクトフェリンを摂取するにはどうすればいいのでしょうか?
成人の私たちがラクトフェリンを効率良く摂取するには牛乳やプリン、チーズやヨーグルトから摂取すると効率よくラクトフェリンを摂取することができます。

最近ではラクトフェリンが多く含まれているヨーグルトが注目されていて、手軽に食べれるということで人気があります。
ラクトフェリンは腸に届く前に胃で溶けてしまう性質があるので、しっかりと加工が施されている食品から摂取しなければ意味がありません。
ラクトフェリンが多く含まれているヨーグルトは胃でラクトフェリンが溶けないようにコーティングされているので安心して食べることができます。


Leave a Reply